結婚式とは一般的にチャペルや大型ホテルで行われます。
ウェディングドレスに幼いころからあこがれを抱いている人も多く、当たり前の様に教会で挙式を行うんです。
しかしながらこうした挙式は戦後からであり歴史は浅いのです。
日本では神社など神前式で行うのが一般的でした。
当サイトでは現代での東京大神宮での結婚式などの実態などをご紹介していきます。
人とは違う結婚式を考えている方に基礎知識や魅力など有益な情報を提供いたします。

伝統美を重視した挙式!東京大神宮での神前式の基本的知識をご紹介します!

伝統美を重視した挙式!東京大神宮での神前式の基本的知識をご紹介します! 神前式とは神社の神様の前で夫婦になることを宣言します。
神社の社殿で行われ、神職が立ち会います。
厳かで伝統にのっとった数々の儀式を目の当たりにすることができます。
玉ぐしをささげ、祝詞を奏上し三々九度で盃を交わすことは、チャペルでは決して見ることができません。
神前式では花嫁は角隠しや白無垢、十二単という伝統衣装を身に着けます。
日本人女性は伝統衣装の和装が最も美しく演出でき、奇麗な花嫁になることができます。
境内では新郎新婦、神職、参列者と列をなして行列する参進の儀が行われます。
東京大神宮では神前式では乙女の舞や豊寿の舞など、伝統衣装に身を包んだ人の舞を見ることもできます。
このように神前式は伝統美に彩られた素敵な結婚式なのです。

東京大神宮の豆知識は、神前式ができるということです

東京大神宮の豆知識は、神前式ができるということです 東京大神宮は縁結びのご利益があるということは広く知られていますが、神前式で結婚式ができるということも豆知識で知っておくと良いです。
この神社の豆知識は、東京のお伊勢さまとも言われ、伊勢神宮の御祭神である結びの働きを司る三神を祀っているので、縁結びにご利益がある神社と知られ、良縁の参拝をする人も多いということです。
また縁結びだけではなく、境内には稲荷神社もあり、衣食住や商売繁盛、家業繁盛の神が祀られています。
神前結婚式は明治33年、後の大正天皇の御結婚の礼が始りで、これを記念して東京大神宮でも一般の人に向けた神前結婚式を創始したことも豆知識のひとつです。
この神社の神前式は、神職と巫女、楽人たち13人で執り行われ、雅楽の調べの中での三献の儀や優美な巫女の舞など伝統のある荘厳な結婚式が特徴的です。
神前式後に披露宴を開くこともできます。
披露宴会場は、加賀百万石の旧前田侯爵邸を移築した部屋や、白を基調とした上質で様々なコーディネートが楽しめる会場、ヨーロッパ調の大邸宅のような会場など、希望や目的にあった利用が可能です。
東京大神宮で参拝をして縁が結ばれたなら、この神社で神前式での結婚式をするのも良い選択です。

日本ならではの美しい挙式「神前式」のメリットとは

神前式とは神社の神殿で行われる日本ならではの伝統的な結婚式です。最近は若い人でも和のテイストを取り入れた「和婚」が注目されており、神社で行う神前式も人気が高まっています。
神前式でのメリットは、
①「親族のみで厳かに式を行える」神前式は基本的に親族と近しい知人のみで執り行うことが多いので、少人数で静かに伝統的な式を挙げたい人に支持されています。
②「節目に何度も訪れることができる」結婚式場で式を挙げるとなかなかまたその会場内に行くことは難しいですが、神社は一般的にお参りができる場所が多いので初詣や子どもの行事などで何度も足を運べます。
③「新郎の活躍する場面が多い」誓詞奏上と呼ばれる儀式で新郎が結婚の誓いを神様の前で述べる機会があり、頼もしい姿を披露することができます。
④「費用が抑えられる」参列者が少ないことや神社に納める初穂料代がそこまで掛からないので、ヘアメイク代や衣装代などを含めても大体50万円程度で済むのがほとんどです。
美しい和装で日本ならではの厳かな挙式は、参列した人にも素晴らしい思い出となります。

神前式のメリット・デメリットと確認しておくこと

神社は日本人にとって古くから神聖な場所として崇められている場所です。
そのような場所で、結婚式を行うことで、昔ながらの伝統的な雰囲気の中、奥ゆかしく美しい日本ならではの結婚式を行うことができます。
初詣や子供が生まれた際には七五三など、今後も利用する機会が多くあるのが神社の魅力でもあります。
そのため、何度も訪れることができるというメリットがあります。
同じ神社でさまざまなイベントを行うことで、より思い出深く大切な場所となることでしょう。
神社では参進の儀という親族揃って本殿まで歩く特別な儀式を行います。
雨の場合、できなくなってしまったり雨の中を歩くということも考えられるのが神前式のデメリットだといえます。
この他にも参列できるのが、親族のみに限定される場合もあります。
これらの事も考慮しておくことが大切です。
神前式を行う際は、事前に両家の信仰している宗教について確認しておく必要があります。
また、披露宴などその後の予定もスムーズに行うための、移動方法や会場選びも重要です。

神前式結婚式の参列する際のマナーと注意点

近年注目されている結婚式の一つに神前式があります。神前式は神社の厳かな雰囲気の中で行うものであり、日本の伝統的な挙式になります。
地域によって差があるものの席次の順番は決められており、一般的に新郎新婦の親族はそれぞれ1列に並ぶようになっています。
また拝殿内の神棚から向かって右側が新郎側、左側が新婦側などとなっており、昔ながらのしきたりを重んじます。
このようなことから神前式のマナーも大変厳格となっています。
友人として参列する場合着物が一番良いのですが、ない場合は洋装でも良く、その際にはできるだけ肌の露出が多くならないように注意しなくてはなりません。
季節が冬の場合はコートを着用することができますが、毛皮や革製、白色のものは控える必要があります。
フェイクファーも毛皮でないにしても殺生を想像させてしまうので、着用しない方が無難です。
このほか素足は厳禁なので靴下またはストッキングを着用する、途中で入場することはできない、持ち込める荷物は最小限のものなどがあります。写真撮影も許可がない場合は行うことができないので注意が必要です。

神前式はどういった流れで行われるのか基礎知識を解説

神前式は、神道の神々に誓いを立てる、日本ならではの伝統的な結婚式が行えるという魅力があります。
神前式では、白無垢を着るのが一般的で新郎もそれに合わせた衣装を着用します。
神前式は入退場を含めて30分程度になります。神主が斎主として式を執り行います。
神道に関係なく基本的にはどなたでも、式を挙げることができます。
式の基本的な流れは、始めに雅楽の演奏の中、斎主・巫女に先導されながら花嫁行列が本殿まで進む参進の儀が行われます。
入場し斎主による清めのお祓いを受ける修祓、斎主が神前に二人の結婚を報告し、幸せが永遠に続くように祈る祝詞奏上・誓杯の儀が行われます。
神楽奉納では、巫女が神楽に合わせて舞を奉納します。
その後は、誓いの言葉を読み上げる誓詞奏上・玉串奉奠・指輪の交換の後、親族杯の儀が行われ、斎主のあいさつで退場となります。
神社によっては、神楽奉納などがない場合もありますが、基本的にはこのような流れとなります。

人と違った結婚式がしたい!今神前式が人気の理由について

現代は人と違うこと、個性などが背音調される時代になってます。
ファッションなども男女の性差ではっきり区別するのではなく、ジェンダーフリーなユニセックスなファッションも人気になってます。
男子がお化粧したり、基礎化粧にエステを徹底させることも違和感がなく、当たり前になってきました。
その人の考えが尊重され、それが個性として受け入れられる時代になったのです。
それゆえ、結婚式も人と同じでは嫌だとする考えの人も多くなっていて、そうした価値観も尊重されるようになってます。
そこで神前式なども特に人気になってるんです。
その最大の理由は、ウエディングドレスではない日本古来の伝統的な婚礼衣装を身に着けられるとして人気になってるんです。
神前式は独特の儀式も見ものなのです。
参進の儀や祝詞奏上、三々九度など普段では見ることのできない日本古来の伝統儀式を体感し見学することもできるのです。
こうした儀式も個性が際立ち、人と違う結婚式を実現できます。

神前式における祝詞奏上の意味と効力について

神前式は、わが国の伝統的な宗教思想である神道の精神にのっとって行われる挙式スタイルです。
といっても、式を挙げるに当たって特別に信心深くなくてはいけないというわけではありません。
初詣でや七五三などに見られるとおり、神道自体が日常生活に密着したものなので、ごく自然な気持ちで伝統をうやまう気持ちがあれば何の問題もありません。
そんな気軽な気持ちで挙行できる神前式ですが、神様とのつながりを強く意識させる瞬間もあります。
それが、祝詞奏上と呼ばれる儀式です。
これは、神職が神様に対して祝詞(のりと)を読み上げ、婚姻の事実を報告するというものです。
わが国にはもともと言霊思想という考え方があり、これは口に出された言葉は特別な霊力を持ち、現実に影響力を持つというものですが、祝詞奏上はこの考え方に基づいています。
すなわち、神様に結婚の報告をすることでその事実を堅固なものにすると同時に、今後の新生活に対して特別な力添えが得られるようにとの願いが込められているのです。

神前式の巫女の舞についての基礎知識と種類

神前式の際に行われる巫女の舞には、大きく分けて二種類あります。
神楽奉納といわれるもので、一つは子孫繁栄を祈願するものです。
もう一つは乙女舞で、新郎新婦の新たな門出を祝う舞になります。
神前式は神職が祝詞をあげ、巫女の舞があるのが通例です。神社によりない場合あるので、事前に確認するようにしましょう。
人前式は古来からある伝統的な挙式の方法で、神様の前で夫婦になる誓いを立てます。
神職が祝詞をあげ、二人の門出を祝福する方法です。
和装で臨むのが一般的で、和装を希望する方がこの方法を選びます。
雅楽とともに舞う姿が、厳かで人気があります。
家族など少人数の挙式に適しており、簡単な食事会がきる施設が神社に併設されている事が多いので便利です。
伝統的な式を挙げたい方や、二人だけもしくは親族のみで結婚式を希望する方に人気です。
人気のある神社は早めに日取りを予約する必要があり、スケジュールを早めに決めるのがこの挙式のこつです。

神前式を行う前に両家の宗教宗派を確認しよう

近年、神前式を執り行う人々が増えてきています。この儀式は、神の見前にて家と家との契を交わすという目的があります。
元々は何の関係も無かった両家が、新郎と新婦が結婚をすることによって両家が繋がっていくわけです。
これはとてもめでたいことですが、神前式を行う前にお互いの宗教宗派を確認しておく必要があるでしょう。
最近では仏前式の割合もかなり増えてきているのも事実です。
これは神前式と同じように、日本ではるか昔から行われているものです。仏さまに加えてご先祖さまの前で感謝をして、来世までの深い結びつきを誓う式で、とてもロマンチックな雰囲気が魅力ですね。
場所は自宅やお寺がメインとなっており、僧侶を自宅に呼んだ場合には仏壇の前で式を行うことも可能となっていますよ。
もし違う宗派であったとしても引き受けてくれる場合があるので、まずは相談してみてください。和のイメージが好きな方や、厳かな空気感を好む人にもお勧めですよ。

神前式で着用する白無垢姿の魅力や衣装選びのポイント

結婚式は新郎新婦にとって新たな人生の門出を祝うイベントでもありますが、スタイルにも様々な種類があります。
キリスト式などであればウェディングドレスが一般的ですが、その中でも日本の伝統的な使用として白無垢姿を希望するケースも多いです。
結婚式の種類として神前式となり、神社を利用して結婚式を挙げる事が出来ます。
神前式では日本伝統の神社で式を挙げる事ができるだけでなく、新郎新婦共に和装を着用できるのが大きな魅力の1つです。
特に花嫁は白無垢を着用する事になりますが、衣装選びのポイントに生地選びがあります。
生地とし正絹があり、生地の特徴にはベージュがかった白さがあり生地自体もとても柔らかいのが特徴です。
より白さを希望する場合であれば、化学繊維タイプがあり真っ白な色合いが特徴となります。
着物を作る素材によって肌触りだけでなく、着物自体の色合いや印象も大きく変わってきます。
その点をしっかり考慮しながら、より納得できる白無垢を選ぶ事が大切です。

神社のルールを決めている神社本庁の神前式について

神社本庁は、神宮を本宗とした日本各地の神社の元締め的な存在で、神社にまつわるルールを作る組織です。
そこでは当然ですが、神社での結婚式である神前式のルールも事細かく決められてます。
神社本庁の定める神前式とは、神様のお計らいによって結ばれたカップルが神様の前で、これからの人生の苦楽をを共にして明るい家庭を築き上げて子孫を残して家を栄えさせることを誓い合うために行われます。
そしてこの神前式の元になった式は、大正天皇と皇后が行ったご婚儀の影響が大きいとされてます。
そしてこの天皇の高齢のやり方を元にして、日比谷大神宮で行われた民間向けの結婚式が全国に広がった原点と言われてます。
こういうと神社の本庁が全てのルールを決めて、この時の結婚式と同じ方法で全国一律で行われていると考える人もいるかもしれませんが、実際は神社ごとに伝統の作法で行われ、少しずつ細かいルールに違いがあります。
共通するのは、一般的に三三九度が行われる点などです。

神前式の歴史的な背景と式で行われる事の意味について

神前式は、神道の神前において、神主を媒介して新郎新婦が結婚の誓いを立て、神々の祝福を受ける結婚式の形式です。
その歴史は、古代日本にまで遡ります。古代日本では、結婚は神々との結びつきを深める儀式として行われました。
新郎新婦は、神の前に立ち結婚の誓いを立て神々の祝福を受けていました。現代の形に整えられたのは江戸時代です。
江戸時代には、神道の勢力が強まり神前結婚が一般化しました。
明治時代になると西洋の文化が日本に伝来しキリスト教式の結婚式が流行しますが、神前式も根強く残り現在でも多くのカップルがこの式を挙げています。
神前式では、神饌の献上や神主の祝詞や誓詞の奏上に加え玉串奉奠や三々九度の盃や親族拝礼が行われます。
神饌とは神に供える食べ物や飲み物で、米や酒や水などが供えられます。
祝詞とは神に感謝や祈りを捧げる言葉で、神主が祝詞を奏上し新郎新婦の結婚を祝福します。
誓詞とは新郎新婦が結婚の誓いを立てた言葉で、新郎新婦が誓詞を奏上し神々の前で結婚の誓いを立てます。
玉串奉奠とは神前に榊などの枝を供える儀式で、新郎新婦が玉串を奉奠し神々に結婚の報告と感謝をします。
三々九度の盃とは新郎新婦が交互に三回ずつ盃を交わす儀式で、新郎新婦が夫婦としての絆を深めます。
親族拝礼とは新郎新婦が両親や親族に拝礼する儀式で、新郎新婦が両親や親族に拝礼し感謝の気持ちを表します。

神前式が普及したきっかけは大正天皇の御結婚

結婚式には様々なスタイルがありますが、根強い人気があるのが神前式です。
神社や結婚式場の神殿にて三三九度や玉串奉奠などの儀式を通じて、神様に二人の結婚を報告します。
日本の伝統的な挙式スタイルと言えるでしょう。
広い意味での神前式は歴史が古く、今のように神社や式場ではなく家庭の中で行われていました。
床の間や神棚や仏壇のある部屋で先祖に見守られながら、盃事を交わす儀式や祝いの宴が催されるという形でした。
実は神前式が今のような形になったのは比較的最近です。1900年(明治33年)に当時の皇太子殿下だった後の大正天皇の御結婚の礼が、皇居内の賢所(かしこどころ)のご神前で行われたのが最初とされています。
式の内容自体はそれまで家庭ごとに行われてきた伝統やしきたりを参考にしたものでしたが、当時は結婚式は家庭内で行われることがほとんどだったため、人々に大きな衝撃と感動を与えました。
その後、日比谷大神宮(今の東京大神宮)は一般の人たちに対しても神前式を行い、やがて全国の神社へと普及していきました。
今では日本の結婚式の代表的なスタイルのひとつとなっています。

事前に基本的な流れを把握してから参加する神前式の挙式

若いカップルにも選ばれている神前式は、日本の伝統を受け継いでいる挙式スタイルです。
神前式の挙式に招待されている場合は、事前に基本的な流れを把握してから参加します。
神前式は入場から退場まで30分程度で終わりますが、選択するプランによって式の時間が長くなるケースもあります。
挙式の流れはシンプルで、雅楽が演奏される中を花嫁行列が進みます。
斎主と新郎新婦が入場し、神前に向かって左側に新婦が座ります。
新郎は神前に向かって右側に座り、起立してから修祓の儀式に進みます。
斎主が結婚を神前に報告して幸せを祈る祝詞奏上が行われ、新郎新婦が三三九度の盃を交わし永遠の契りを結びます。
新郎新婦が誓い言葉を読み上げ、玉串奉奠の儀式を行います。
日本の伝統を継承する式ですが、最近は途中で結婚指輪を交換するカップルも多いです。
結婚の儀の終了を採取が報告すると、全員が順番に退場します。
選ぶ挙式会場によって、オプションで希望する演出を追加できます。

神前式で美しい所作を実現するために知っておきたいこと

神前式は和装のため、洋装に比べるとかなり動きが制限されやすいものです。
たとえば手をスッと前に出すだけの動作でも、思っている以上にぎこちなくなったりします。
美しい所作を目指すには、まずこのことを念頭に置いておく必要があります。
神前式といえば誰もが思い起こすのが三三九度ですが、新郎新婦が盃を交わすこの儀式はハイライトとも言える注目の集まるシーンであり、ぜひ所作も美しく決めたいところです。
盃のお酒をいただく時に最もやってはいけないことは、盃に自分の口を近づけていく動作です。
首から上が前のめりになり、猫背になってしまいます。
口を持って行くのではなく、盃の方を口もとに近づけるのがポイントです。
新郎新婦が最も難しく感じるのが玉串奉奠(たまぐしほうてん)の儀式でしょう。
普段あまり目にする機会がないため、どうしてよいかわからずキョロキョロしてしまう人が多いようです。
玉串は胸から上ぐらいの高さに持ち、ゆっくりと玉串案まで進み、茎を神様の方に向けて捧げます。
その後は二礼・二拍手・一礼の作法で結びますが、柏手はしっかり音が鳴るように打ちます。
二人の音のタイミングがなるべく合うようにするのが望ましいです。

神前式は所以を確実に覚える必要があるので注意

神前式の結婚式の特徴は、式の始まりから終わりまでが由緒ある儀式となっているため、様々な細かな部分を滞りなくしきたり通りに行うことが必要となります。
比較的自由度が高い洋風の結婚式とは異なり、神様の前で厳かに行われるものであることから、一つ一つの所作が決められており、そのとおりに行うことが必要なものとなっています。
神前式はこのために非常に堅苦しいと思われていることも多いのですが、これらを確実にこなすことで成立することから、段取り通りに行うことで問題を発生させる恐れが少ないのも魅力です。
神前式の所以は結婚を神様に報告することから始まるため、周囲の祝福や賛辞は基本的にはないものです。
しかし現在では神様が結婚を祝福してくれる様々な催しが行われており、これが現在風の要素が加えられたものとなっています。
具体的には雅楽の演奏や巫女の舞などが祝福の催しとなっており、これらを参列者も一緒に楽しむことで豊かな雰囲気になることができると言う効果もあります。

東京大神宮の神前式についてもっと知りたい方はこちら

東京大神宮で神前式をするならこちらのサイト